パレタイザーと代替製品の違い

パレタイザー以外の効率化を進める製品

パレットレベラー

パレットレベラーとは、パレットの高さ(レベル)を一定に保って従業員の作業姿勢を適正化し、腰や背中への負担を軽減して腰痛などのリスクを軽減できる装置です。パレットレベラーは電気や油圧で動くのでなく、バネの力によって制御されており、パレットレベラーの上にパレットを載せることでバネに圧がかかり、自動的に高さを調整します。

アシストスーツ・パワーアシスト装置

アシストスーツやパワーアシスト装置と呼ばれる機器は、作業員が装着したり、作業員の周囲に設置されたりした上で、人間が荷物を持ち運ぶ作業を物理的にサポートする装置です。

具体的には腕や足の動きを電動装置などでアシストして、人間の腕や足にかかる加重を装置が支持することにより、小さな力でも大きな運搬能力を獲得することができます。

アシストスーツは従業員が身につけるため移動や作業の自由度が高いことも特徴です。

電動バランサ

電動バランサとは、重量のある荷物をフックやアームなどで保持して、それを任意の高さへつり上げたり移動させたりする装置です。荷物の重さと装置のパワーがバランスを取って任意の位置に荷物を保持するため、作業員は体感的に重量がゼロになった状態で荷物を操作することが可能になります。

なお持ち上げる荷物の形状や重心に応じてアームや吊り下げ方式が変わります。

パレタイザーが適している理由

代替製品とパレタイザーの根本的な違いは、代替製品はあくまでも作業員の作業負担を軽減して作業効率を向上させる装置であることに対して、パレタイザーはそもそも装置がパレットへの積み付け作業を自動化できるという点にあるでしょう。

つまり代替製品は、導入することで従業員の業務負担を減らせるものの、省力化というニーズに関してはパレタイザーの方が優れていると考えられます。

また装置によっては荷物の種類や積み付けパターンを調整できる点もメリットです。

【PR】省スペースに対応!
パレタイザーのレイアウト事例